新着情報 TOPICS

お知らせ

組合たより「第1回教育研修事業等企画委員会の開催状況報告」

2018.7.11

 7/9(月)に杉妻会館(福島市)で第1回の教育研修事業等企画委員会を開催しました。平成30年度の委員会は、濱尾委員長(県中)、鈴木(宏)副委員長(県北)、高桑副委員長(県南)、鈴木(勇)委員、(県北)、水上委員(県中)、佐藤委員(会津)、木村委員(いわき)の7名で構成されています。
 通常総会(5月下旬)で承認された「教育情報事業計画」の具体的実施内容を決定するための委員会で、第1回は研修内容、講師依頼、実施時期等について意見交換を行いました。総事業費予算3,000千円で9月以降、4回の研修会を開催する予定ですが、事業計画は別紙資料を参照願います。

 昨年に引き続き実施する予定の「プロポーザル提案実例研修会」は、昨年度がアトリエ計事務所の建築家を講師としたことから、今年度は組織事務所である(株)佐藤総合計画のアーキテクトに講師を依頼することとしました。時期は9月を予定しています。
 次に、「建築設計技術研修会」ですが、今年度は建築物のリファイン・リノベーション等の改修計画を中心に研修会を開催することとし、白河市が取り組んだ中心市街地市民交流センター大規模改修事業「マイタウン白河リファイニング工事」を施設見学することとしました。この施設は大規模店舗を複合公共施設に改修したもので建築家の青木茂氏が関わった工事です。10~11月開催を目指し講師との日程調整を行うこととしました。なお、福島県県建設業協会も同様の事業を計画していることから共催も視野に入れています。
 次に、「建築・まちづくり事例等先進地視察研修会」ですが、国内研修とし建築物のリファイン・リニューアル事業と身近な木構造の事例を視察研修します。「話題のリノベーション建築と歴史的建築物の手法を学ぶ」と題して、東京都内2泊3日の日程で実施することとし、1つは改修工事を行った施設を見学しながら建築と不動産についてレクチャーを受ける、二つ目は赤坂迎賓館や自由学園「明日館」等の木構造の施設見学を予定しています。開催時期は他の研修会との調整で年明け1~2月の開催となりそうです。
 最後に、「戦略的事業研修会」です。昨年度同様にCM業務研修を行う予定ですが、CM業務が公共事業でどのような位置付けになるのか、多様な発注方式としてどこまで浸透するのか、一方でこれまでの設計・工事監理との関係性はどうなるのか、などの意見が出され、引き続き研修内容を検討することになりました。
 今後は、順次、理事会に報告の上、組合員の皆さんにご案内をさせていただきます。なお、組合員の皆さんからも研修会等に関するご意見、ご要望がありましたら、事務局宛にメール又はFAX等でご連絡いただければ幸いです。参考にさせていただきます。

H30教育情報事業につきましては、こちらをご覧ください。
H30教育情報事業[PDF形式](142KB)