新着情報 TOPICS

お知らせ

組合たより「三役会及び理事会、共同受注委員会」の開催状況報告

2018.11.20

 11/16(金)にホテル辰巳屋(福島市)で三役会及び理事会、共同受注委員会を開催しました。
(三役会)
 三役会は理事長、副理事長(3名)、顧問(理事長経験者)、専務理事の6名により特別な事由がない限り理事会に合わせて年間7~8回開催しています。三役会では組合運営・経営戦略の検討や理事会議案等の事前確認、設計・工事監理業務に関する情報交換・共有等を行っています。


三役会開催風景

(理事会)
 理事会は定款に定められた理事13名、監事3名で構成され、基本的に毎月第三金曜日に開催しています。理事会では事業計画案及び収支予算案の審議、各委員会委員の選任、各種要領・基準等の見直し、職員賞与等の決定など組合組織運営に関する議案審議や受託業務・事業計画の執行状況等の報告事項について意見交換を行っています。
 当日は、各委員会の開催状況や事業計画にある先進事例視察研修会開催案、組合ホームページ作成案等についての報告があり質疑応答が行われました。また、受託業務の進捗状況報告に関しては、前年度繰り越し5件、当該年度11件の概要報告が行われ、建築資材単価や人件費等の高騰に伴う事業費増加や床面積の見直しなど作業量の増加に伴う設計受託工期の延長などが話題となりました。


理事会開催風景

(共同受注委員会)
 定款に基づく事業の1つに、「組合員のためにする建築の調査、企画計画、設計、監理および保全の共同受注」があります。共同受注委員会はこの事業の円滑な運営を図るために設置したものであり、理事全員で構成されています。主に自治体等の発注者から受注した業務の担当者決定を審議する委員会として受託案件ごとに招集しています。
 当日は、南会津町より受注した「さゆり荘建設事業実施設計委託業務」について、プロポーザル設計競技で選定された(株)内田建築設計事務所が基本設計に引き続き実施設計を担当することで承認されました。