新着情報 TOPICS

組合たより

組合たより「三役会及び理事会、共同受注委員会」の開催状況報告

2019.7.2

 6/28(金)にホテル辰巳屋(福島市)で三役会及び理事会、共同受注委員会を開催しました。

 (三役会)
 三役会は理事長、副理事長(3名)、顧問(理事長経験者)、専務理事の6名により特別な事由がない限り理事会に合わせて年間7~8回開催しています。三役会では組合運営・経営戦略の検討や理事会議案等の事前確認、設計・工事監理業務に関する情報交換・共有等を行っています。

 当日10時30分から開催した三役会では、総会で承認いただいた事業計画の「海外研修会」や近年増えている自治体等からの施設整備に関する相談業務のあり方等について協議しました。

(理事会)
 理事会は定款に定められた理事13名、監事3名で構成され、基本的に毎月第三金曜日に開催しています。理事会では事業計画案及び収支予算案の審議、各委員会委員の選任、各種要領・基準等の見直し、職員賞与等の決定など組合組織運営に関する議案審議や受託業務・事業計画の執行状況等の報告事項について意見交換を行っています。
 13時30分から開催した理事会では、議題として①職員夏期賞与の決定、②海外研修会案の決定、③相談業務のあり方について審議しました。特に海外研修会については2カ年事業とし今年度は欧州(不ペイン)、東南アジア(ベトナム)の2コース、1社30万円限度(上限:欧州20万円、東南アジア10万円)、開催時期及び参加者募集はアンケート調査を行うこととしました。また、自治体等からの相談業務(自治体予算未確保)は事務局の事前情報を下に方部会(理事調整)で担当者を決定すること、業務内容に応じ日当を支給すること等が決定されました。
 受託業務の進捗状況報告に関しては、前年度繰り越し8件、当該年度5件の受託概要報告がなされ計画通り受託していることが報告されました。

理事会開催風景

理事会開催風景

(共同受注委員会)
 定款に基づく事業の1つに、「組合員のためにする建築の調査、企画計画、設計、監理および保全の共同受注」があります。共同受注委員会はこの事業の円滑な運営を図るために設置したものであり、理事全員で構成されています。主に自治体等の発注者から受注した業務の担当者決定を審議する委員会として受託案件ごとに招集しています。
 当日は、福島市より受注した「写真美術館再整備工事関連委託業務」について、これまで同施設を継続して担当している(株)ボーダレス総合計画事務所を担当することで承認されました。また、南会津町より受託した「松下団地建替事業」の簡易コンペ実施状況が報告されました。